都内の分譲マンション事情について

都内の分譲マンション事情について

東京で働いている人はみんなお金持ちというイメージを持っている私です。それは、東京はお給料が高いところが多いような印象を持っているからです。仕事の数も多いことでしょう。生活に困ることはないと思っていました。そのため、都内の分譲マンションは人気が集中し、なかなか購入することはできないと思っていたのです。ところが、実際はそうでもないということが分かりました。知人に聞いた話によると、都内の分譲マンションは今とても空きが多くなっているそうなのです。その理由として考えられるのは、高額な費用がかかるという点だと思います。同じ費用がかかるのなら、少し下った埼玉や千葉辺りでマンションを購入してしまった方が間取りも広いところを確保することができるはずです。もちろん、その分、通学や通勤に時間を取られてしまうこともあるでしょう。その分を考えても、金額の安さを選択する人の方が今の時代は多くなっているようなのです。これは不景気の影響も考えられます。
個人的には、多少、金額が高くても都内の分譲マンションを購入した方が利便性は高いと思っています。東京にお勤めの方なら通勤が楽になるはずです。その分、残業も1時間多くできるかもしれません。そうすれば自然と収入も増えていきます。ところが、知人はその点も否定するのです。東京は物価が高いので、生活に必要な物を購入するとなると、埼玉や千葉に住むよりも費用がかかってしまうというのです。たしかに、それは当たっていると思います。私も実際に東京へ行ってみた時、地元の埼玉ではもっと安い価格で購入できる品が高かったため、驚いてしまったことがあります。それから、都内の分譲マンションが空いている理由として私が思っていることは、独身者が多くなったからなのではないかということです。独身の場合、わざわざ分譲マンションを購入せず、賃貸でずっと過ごすことも可能です。そういった人が多くなってきているのではないかと思ったのです。どんな理由にしても、空き状況となっているのはもったいないので、ある程度の費用をかけられる人は、ぜひ、都内の分譲マンションを購入してほしいと思います。

Copyright (C)2015都内の分譲マンション事情について.All rights reserved.